講師紹介

 本協会の講座は業界に精通した各調味料のプロが担当。
 わかりやすく専門的な講座は受講された皆様より満足の声が寄せられています。


砂糖編塩編酢編醤油編味噌編調味料とレシピ調味料とカラダ応用編


【砂糖編】

神谷 禎恵(かみや よしえ)

フードプロデューサー。調味料マイスター。大分県乾しいたけ大使。
「食を伝えたい・食でしあわせに」をテーマに台所だけの建物「生活工房とうがらし」を拠点に活動。 九州と首都圏を中心に産地と料理人を繋いだり、産地での商品開発などに取り組む。特に、ゆずごしょう、しいたけ、ごはんを得意分野とする。facebookページ「ごはん大好き」に5万人近いファンを持つ。

斎藤 祥治(さいとう しょうじ)

日本大学農獣医学部農芸化学科卒、農学博士。日本精糖工業会(現精糖工業会)技術研究所に勤務し、砂糖に含まれる微量共存成分の分析法について研究。その後、精糖工業会で砂糖の品質管理や精糖技術の研究の指導、及び砂糖業界で組織する技術委員会を中心に世話役として活動。
主な著書:「砂糖の科学」朝倉書店 2006年11月、「砂糖の事典」東京堂出版 2009年8月。

原 耕三(はら こうぞう)

東北大学農学部食糧化学科卒業。塩水港精糖(株)、(株)横浜国際バイオ研究所に勤務し、精糖工場の生産管理・品質管理・工場建設・技術サービスなどの業務を担当。また新規製品の開発に携わり、環状オリゴ糖(サイクロデキストリン)、乳果オリゴ糖(オリゴのおかげ)などを開発。現在は(株)精糖工業会館 精糖技術研究所に所属し、考査役、アドバイザーなどを務めている。

竹内 信一(たけうち しんいち)

株式会社竹内商店 代表取締役。
昭和29年以来一貫して砂糖を専門に扱う卸問屋の三代目経営者。
砂糖を敬遠する昨今の風潮に、もっと砂糖に興味をもってもらいたいという思いで、オリジナルブランドを立ち上げるなど、伝統を守りながらも新しい取組みを積極的に行なっている。

【塩編】

眞壁 優美(まかべ ゆみ)

調味料マイスター。東京工業大学大学院理工学研究科化学専攻修了。財団法人塩事業センター海水総合研究所に勤務し、製塩に関する研究と食品における塩の作用に関する研究に携わっている。公私にわたり美味しい塩の使い方について日々研究している。

【酢編】

山下 秀嗣(やました ひでつぐ)

大阪府立大学農学部農学研究科博士前期課程修了。農学修士。マルカン酢株式会社研究所・主任研究員。現在、業務用向け調味酢を中心に各種レシピ開発を担当。食酢の基礎知識について一般生活者向けの講演も行っている。

【醤油編】

伊藤 博(いとう ひろし)

キッコーマン株式会社で広報等を経て「キッコーマン国際食文化研究センター」の設立、運用を担当。退職後は「日本醤油協会」で「しょうゆもの知り博士」として小学生を対象に食育活動をしながら醤油のPR活動に活躍中。

長原 歩(ながはら あゆむ)

学習院大学大学院自然科学研究科修士課程修了。農学博士。キッコーマン㈱入社、中央研究所(現研究開発本部)に勤務し、動物を使った安全性試験を担当。醤油の安全性に関する研究で学位取得。ウィスコンシン大学留学後、環境企画部長、バイオケミカル事業部長を経て、国際食文化研究センター長。現在、茂木本家美術館、副支配人。

【味噌編】

田中 由紀子(たなか ゆきこ)

広島県出身。大学卒業後、食品会社にてふりかけの新たな製法を開発。その後、窪田味噌醤油株式会社にて、味噌・醤油の加工品を中心とした液体調味料の商品開発、品質管理に従事。業務に携わる中で、微生物の働きによって作られる味噌の面白さに魅了され、みそソムリエの資格を取得。食への探究心が強く、地方に出向いた際はその土地に根付いた食文化と伝統調味料を知り、食すことで奥深さを感じることを楽しみにしている。

渡部 健(わたべ けん)

東京農業大学農学部醸造学科卒。学生時代に醸造学、特に麹が生成する酵素について研究。卒業後、香料会社を経てグリフィスフーズ株式会社に入社。現在は、粉末調味料の研究開発チームのリーダーを務める。
外国人と接する中で、味噌の可能性を強く感じ、美味しい使い方について日々研究をしている。

渡辺 望(わたなべ のぞむ)

東京農業大学生物産業学部食品化学学科卒。大学卒業後、窪田味噌醤油株式会社に入社。製造から品質管理まで、味噌に関わる全工程の部署を経験。現在は味噌の製造技術の改良のほか、糀の新しい利用方法など、味噌の技術を使用した他製品の開発を行う。

page top